« 2007年4月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年7月12日 (木)

海の日ワークショップ

Chick こどもの創造のくに

Summer Work Shop

世田谷から「海の日」を感じに飛び出そう

2007年7月16日(月)

水族館で自分だけの何かを発見!おもいっきり表現するワークショップを開催します!

現在の子どもたちは情報が氾濫する中に暮らしています。

そして、さまざまな学びや暮らしや娯楽の場面でも、受身で過ごすことがほとんどです。

博物館、美術館に出かけてもそこに展示、用意された情報をただ記録し記憶し、

レージャーで出かけるテーマパークでは、周到に準備された高度なエンターテインメントに楽しませてもらっているという、

それが生の体験であったとしてもまったくの受身でいるのが実情です。

今回のワークショップでは、演出家の林さんとワークショッププログラムを立ち上げてゆくなかで、

海の日水族館をこどもそれぞれが彼らの目線により五感で感じながら、

主体的にさまざまなアプローチで水族館を観察してみる。

そして観察―撮影―想像―創造し「自分達の想像上の水族館を描く」

そんなテーマが生まれました。

 

もし自分がヒトデだったら、、、

 魚にとっても、人にとっても心地よい水族館って、、、

 水族館を海に浮かべてみたら、、、

こどもたちは魚のように水族館を回遊しながら、

それぞれが,

それぞれの視点で観察し発見した気付きをもとに、

2枚のポラロイドにそれを収めます。

私たちスタッフは彼らが発する気づきをどんなに小さなものであっても、

興味をもち膨らませるお手伝いをします。

そしてそれをこども達はどんどん発展させ、少しづつまとめていきながら、

彼らだけの想像上の水族館を頭の中で創造します。

そしてグループでじっくりと話し合いをして、

それをどう変えるか>どんな風にかわったか>想像上の水族館の全体像と進めます。

そこには1つの想像上の水族館像が浮かび上がってきます。

こどもたちがどんな水族館を創造するのかとても楽しみです。

chickこどもの創造のくに 

children’s creative kingdom presents

チックは子どもの創造的な環境作りを目的とした、非営利団体です

chickingdom@yahoo.co.jp   http://chickingdom.cocolog-nifty.com/blog/

Chick こどもの創造のくに

Summer Work Shop

世田谷から「海の日」を感じに飛び出そう

水族館で自分だけの何かを発見!おもいっきり表現するワークショップ!

ファシリテーター・演出家 林 成彦 (はやし なるひこ)氏東京大学文学部行動文化学科卒業。不等辺演劇倶楽部代表。千代田区立九段中等教育学校にて「演劇表現」の授業を、都立高校にて「演劇」の授業を担当。 全国各地で演技レッスンのクラスを担当。文化庁の依頼により国語教師を対象としたリーディングワークショップを実施。東京都、名古屋市にて「俳優を目指さない演劇ワークショップ」を多数実施。世田谷在住。

海の日、世田谷から飛び出して、海の世界を感じに水族館に出かけませんか?そして、演出家の林さんと一緒に君にしか発見できない何かを発見して、それをことばやからだや写真で表現しましょう。きっと忘れられない海の日になると思います。

*********************************************

日時:2007年7月16日(月) 海の日 10時集合14時終了

場所:葛西臨海水族園 

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/index.html

参加対象:小学生(3年生以上)、中学生

募集人数:15名

参加費: 1000円 

 入館料別、小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料です。中学生は生徒手帳を持参してください。

参加方法:現地集合現地解散

応募方法:下記メールアドレスより *持ち物等、詳細は申込者にお知らせをさせて頂きます。*

*****************************************************

企画 主催 chickこどもの創造のくに chickingdom@yahoo.co.jp  協力 葛西臨海水族園                 

*****************************************************

chick 

children’s creative kingdom presents

この活動は、公益信託「世田谷まちづくりファンド」の助成を受けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年10月 »